水前寺成趣園

【熊本】水前寺成趣園の4つの見どころを巡る。出水神社に回遊式庭園も

今回は水前寺公園停留所から歩いて3分の場所にある、水前寺成趣園(読み方:すいぜんじじょうじゅえん)を観光したときの様子をお伝えします。

広大な日本庭園に名探偵コナンの舞台となった出水神社など、水前寺成趣園は見どころがいっぱい。

ということで、水前寺成趣園で特に注目すべきスポット4つに焦点を当ててご紹介します。では出発です!

※2021年11月現在の情報をもとに書いております(撮影日は2018年3月)




水前寺成趣園の見どころ1:参道商店街

水前寺成趣園

水前寺成趣園は中に入る前から面白い!ということで、最初の見どころは、正門前にある参道商店街です。大きなくまモンがお出迎えしてくれます。

いろんなお土産屋さんや飲食店が並びますが、私のおすすめは「林のいきなり団子」という和菓子屋さんです。

水前寺成趣園

熊本名物のいきなり団子ですが、お店によって微妙に味が違うんですよね。私は皮がプルプル・もちもちしている林のいきなり団子が気に入っています。

水前寺成趣園
割ってみると、中にはたっぷりの国産あんことサツマイモ!お店前の看板を見たところ、旅番組で取り上げられることも多いようです。

復興鳥居にも注目!

参道商店街を歩いた先には、熊本地震から復活を遂げた「復興鳥居」があります。2021年10月に除幕式が執り行われたばかりだそうです。

私の訪問時には見られなかったので、今度熊本に行ったときに見てみたいと思います。




水前寺成趣園の見どころ2:回遊式庭園

水前寺成趣園

さあ、いよいよ水前寺成趣園に入園です。

水前寺成趣園

入園料400円(大人)を払います。タッチパネル式の自動券売機でした。

水前寺成趣園

水前寺成趣園に入ってすぐの場所には、みたらしってお店がありました。お土産のほか、池を泳ぐ鯉のえさが買えるみたいです。

水前寺成趣園

さらに歩くと、明治天皇臨幸碑なるものがありました。この地を訪ねたことがあると証明するものらしいです。

水前寺成趣園

そして日本庭園に到着!日常ではなかなかお目にかかれない美しさに思わずうっとりしてしまいます。

水前寺成趣園の日本庭園は、東海道五十三次を模した造りになっているのが特徴です。言われてみると右側の丘は富士山っぽいですね。

水前寺成趣園

水前寺成趣園の歴史

水前寺成趣園は肥後熊本藩・初代藩主の細川忠利が、この地にきれいな水が湧くことを気に入って茶屋(国府の御茶屋)を建てたのが始まりです。

その後、80年かけて大きな庭をつくり、4代目・綱利のときに完成しました。水前寺成趣園の庭は、中を歩ける回転式遊園となっています。

水前寺成趣園

忠利公が気に入った湧水は今も健在。熊本地震で一時はなくなってしまったのですが、無事復活しました。阿蘇の伏流水です。

水前寺成趣園

庭園には細川忠利と、肥後細川家の初代として基礎を築いた、細川藤孝の銅像もあります。藤孝公は忠利公のおじいちゃんです。

※細川忠利は肥後細川家の3代目で初代熊本藩主。

水前寺成趣園

東京ほどじゃないけど、周りをビルに囲まれてて都会のオアシスっぽい感じです。浜離宮庭園をふと思い出しました。

水前寺成趣園

どこを切り取っても絵になるから、かえってどこを撮ればいいか分からなくなります。

水前寺成趣園

ときには細い道も歩きます。

水前寺成趣園

例の富士山のそばにも行けました。

水前寺成趣園

水前寺成趣園

池には鯉だけじゃなく、鳥さんもいます。

水前寺成趣園

敷地の外には猫さんもいました。毛づくろいしてるっぽい足の伸ばし方ですね。




水前寺成趣園の見どころ3:出水神社

水前寺成趣園

日本庭園を歩く途中に出水神社(読み方:いずみじんじゃ)があります。明治11年創建で、歴代の藩主が祀られています。学問の神様、産業の神様として信仰を集めているそうです。

余談ですが、出水神社は名探偵コナンの舞台にもなってます。話の内容は忘れましたが、園子ちゃんがいたのは覚えています。

水前寺成趣園

水前寺成趣園の出水神社といえば、神水「長寿の水」!その名の通り、百薬の長として親しまれています。

湧水を受け止める石水磐は忠利公の父・忠興公がとても大切にしていたもので、「袈裟」と名前を付けてお庭においておいたものだそうです。

水前寺成趣園

出水神社にはお守りやおみくじがたくさんありました。凶入りみくじってのが特に気になりますね。

でも本当に凶を引いたらショックなので、小心者の私は普通のおみくじを引きました。

水前寺成趣園

結果は吉。心素直に愛を告げろと書かれていました(誰に?)。

水前寺成趣園

ほかにも17代目藩主・細川護貞がと書いた「光復」を刻んだ岩がありました。戦災にあった社殿の復活を記念して造られたらしいです。

水前寺成趣園

出水神社の隣には稲荷神社もありましたよ。




水前寺成趣園の見どころ4:古今伝授の間

水前寺成趣園の池の周りを歩いてると目に飛び込んでくるのが、古今伝授の間です。細川藤孝が古今和歌集の奥義を伝授してもらった建物で、もともと別の場所にあったのを大正時代に移築しました。熊本重要指定文化財です。

水前寺成趣園

現在の古今伝授の間は、水前寺成趣園屈指のビュースポットであり、抹茶と和菓子をいただけるグルメスポットでもあります。回転式遊園を歩き終えたら、ぜひ立ち寄ってみてください。

水前寺成趣園

古今伝授の間では抹茶と和菓子のセットを日替わりで提供していて、座敷席650円・椅子席550円のお好きな方を選べます。個人的には座敷席の方が庭園に近いのでおすすめです。

ちなみに飲食しないで通り抜けする場合は、無料で入れます。

水前寺成趣園

私は抹茶と加勢以多のセットを注文しました。お茶のお作法なんてしらないので、精いっぱいの正座でいただきます。

水前寺成趣園

加勢以多はカリンの羊羹を挟んだ和菓子ってことで、甘酸っぱくて美味しかったです。

水前寺成趣園

座敷から庭園を見るとこんな感じ。

水前寺成趣園

もっとよく見える位置まで移動すると、東海道五十三次をモチーフにした回転式遊園が大パノラマで楽しめます。

水前寺成趣園

水前寺成趣園

パノラマビューもいいけれど、総漆ぬりの花頭窓越しに見る庭園も趣深くていいですよ。

水前寺成趣園の観光にかかる所要時間は?

こんな感じで水前寺成趣園をぐるっと回ってきました。参道商店街から古今伝授の間まで、所要時間は約90分でした。いろいろ写真を撮ったり、飲食を楽しんだりするとこのくらいかかりました。

ただ、公式サイトによると庭園をぐるっと周るだけなら30分前後ですむそうです。どんな感じで観光するかによって所要時間に差が出そうですね。訪問の際の参考にしてみてください。




水前寺成趣園の行き方・営業時間など

熊本城・通町筋エリアから行く場合

熊本市電(路面電車)を使うと約17分でアクセスできます。熊本城・市役所前あるいは通町筋停留所から乗車。水前寺公園停留所で下車し、水前寺成趣園までは徒歩約3分です。A系統・B系統どちらの路面電車もOKです。

JR熊本駅から行く場合

JR豊肥本線で熊本~新水前寺駅間を移動(約8分)。そこから徒歩10分程かけて水前寺成趣園に行くのが一番早そうです。市電を使うと、熊本駅前停留所から乗車して約38分かかります。

ちなみに車で行く場合の駐車場は?

上のグーグルマップにあるように、水前寺成趣園周辺には駐車場が沢山あります。ただ、どこも有料のようです。

所在地:熊本県熊本市中央区水前寺公園8-1
営業時間:8:30~16:00
料金:400円(16歳以上)、200円(6~15歳)
公式サイト:http://www.suizenji.or.jp/index.html

古今伝授の間の営業時間や料金については、熊本県公式観光サイトが参考になります。

営業時間など諸々が変わりやすいご時世なので、お出かけの際は公式サイトから最新情報をご確認くださいませ。

では、最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

鉄道コム
応援クリックしていただけると嬉しいです。