【駅舎探索】ジーンズストリートの最寄り駅!児島駅を訪ねる

こんにちは、かのえかなです。今回からは駅トホ初の岡山県編です。岡山県倉敷市にある児島駅となります。

訪問したのは約4年前の2014年3月の下旬。記憶を探り探りつづりますので、どうぞお付き合いお願いします。

児島駅を訪ねたあいまいな理由

児島駅1

児島駅を訪問した理由は、以前、瀬戸大橋線に乗ったとき車窓から蔵造りの建物が見えて「行ってみたい」と興味がわいたからです。

でも、どのエリアでその建物を見たのか、どんな建物だったのかといった記憶があいまいで、何とか探った結果「旧野崎家住宅なのでは?」という結論に達しました。

そして、旧野崎家住宅の最寄り駅が児島駅だったのです。ただ、ここで1個疑問が・・。

地図の通り、旧野崎家住宅と線路の距離はびみょ~に離れています。周りが更地なら車窓から建物が見えなくもないだろうけど、そりゃないだろってのが正直なところです。

なので、たぶん私が見たいと思っていた蔵造りの建物は別物だと思います。

でも、これ以上蔵造りの建物を探す術はなく「児島駅面白そうだし、もういいや」というこちで、勢いのまま向かってしまったのでした。

さすが児島!ここまでジーンズか!

児島駅3

児島駅に降り立ち、「あ~中国地方来たわ~」って実感させてくれる真っ黄色の車両を見送る。

児島駅2

記念にホームを撮影し(逆光だけど)

児島駅4

ベンチに目をやると、手作りの座布団が。しかも、ジーンズ生地じゃないですか!さすが児島。ジーンズの町というイメージが徹底しています。

しかもさりげなく「やめようよ 自分の未来 よごすこと」という胸に刺さるメッセージが書かれたパッチが貼られています。

フォトジェニックなジーンズコインロッカーを発見する

児島駅5

座布団のメッセージに(´;ω;`)となりながら階段を降り、改札へ。

児島駅6

ふと目をやると、壁には大きなジーンズが飾られています。怒涛のジーンズ推し。となりの「東京往復スーパー早特きっぷ」も気になります。

児島駅7

そして改札を通り抜けると・・・。

児島駅8

待合所には、でっけージーンズの絵があしらわれたコインロッカーが。目が悪くて、最初は海の絵かなと思ってしまいました(浮世絵的な)。迫力満点で気に入ってしまい、思わず撮影。フォトジェニックじゃろ?

ジーンズ推しに圧倒された結果・・・

児島駅9

訪問したのが3月ということもあり、ジーンズ製の雛人形もありました。「なんでゴリラ?」と思ったら、デニム色(インディゴ)とゴリラを足して「インディゴリラ」というキャラなのだそうです。

確かに、「ゴ」で始まる生き物ってピンと来ないもんな~。ゴメスしか思いつかん。

児島駅10

駅の外に出てみれば、風で揺れてる無数のジーンズ達。想像以上に児島はジーンズの町でした。

児島駅11

しかも駅前からは遠くに観覧車が見えます。なんか面白ポイントが多すぎてテンション上がるな~。この観覧車はたぶんですが、鷲羽山ハイランドです。

とまあ、ウキウキしまくった結果・・・駅舎の撮影を忘れました。駅トホなのに。やっと駅舎がある駅をピックアップしたのに。私のバカ。

駅名看板は撮影して訪問した証拠は残してるので、駅舎撮るために再訪するのは遠い未来のことになりそうです。

次回からは児島駅周辺を歩いていきたいと思います。最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

ブログランキング・にほんブログ村へ鉄道コム

お好きなバナーからランキングに投票していただけると嬉しいです。全部のランキングで応援してくれるともっと嬉しいです。

松本引越センターのCM風に言ってみました。あの可愛さは出せませんがよろしくお願いします。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です