長泉なめり駅散策③~ご当地マンホール蓋と東口周辺の様子

こんにちは、かのえかなです。久々に2日間空けての更新となってしまいました。もう2月なんですね、早いな~。

さてさて、今回は長泉なめり駅散策の最終回です。ご当地マンホールと少しだけ歩いた駅東口側の様子をお伝えします。

長泉なめり駅の基本情報

所在地:静岡県駿東郡長泉町
路線:御殿場線
撮影日:2016年1月はじめ

この駅舎があるのは西口です。東口には、ここから自由通路を通って行きました。

長泉なめり駅で見つけたマンホール

長泉なめり駅西口出てすぐの場所にカラー版のマンホールがありました~。

描かれているのは、手前から長泉町の花・サツキ、その上には松木、その横には鮎壺の滝(あゆつぼのたき)があります。

鮎壺の滝っていうのは、長泉町と沼津市の境目にある滝です。滝のそばにある岩盤の中には、約1万年前に富士山からやってきたものもあるんだそう。

位置関係が気になって調べてみました。

けっこう離れてるやないか~い!(富士山がGoogleの表示で隠れてる人はスライドして見てくださいね)

なんか自然のすごさを、富士山のすごさを実感させられました。マンホールは残念ながら滝の青色がハゲかけてます。

そして滝のバックには富士山が描かれているという、まさに静岡県らしいマンホールというわけです。

こちらは同じデザインのノンカラー版になります。

「長泉町」とハッキリ書かれているので、消火栓のマンホールも撮影しました。

「火事でい!」って振り回す纏(まとい)が描かれてます。その右手に丸に囲まれて描かれているのが長泉町の町章です。纏に描かれているのは、消防章ですね。

長泉なめり駅の東口へ・・

時間が少し余ったので、西口改札の横にある階段をのぼって東口へ向かいます。

東口側はお店とかがほとんどなく、目の前は民家、その奥には大きな工場がチラホラって感じでした。

駅に一番近いのは、

の三島事業所かな?大きな煙突が何本も立ち、煙モクモクです。

民家を撮影するわけにはいかないので、近くにある水路を撮っておきました。

駅と東邦テナックスの間にある道を少しだけ歩いてみました。

ご当地感あるカラオケ屋さんですね~。カラオケレンタルBOXってワードがレトロでいい感じ。森のクマさんの由来が気になります。

こんな感じで長泉なめり駅の散策は終了です。かわいい猫とおいしいランチにありつけて良かった良かった。

次回は雑談にしようか駅舎探索にしようか迷っています。ではではー。最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

ブログランキング・にほんブログ村へ鉄道コム

お好きなバナーからランキングに投票していただけると嬉しいです。全部のランキングで応援してくれるともっと嬉しいです。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です