愛媛の秘境駅・串駅を独り占め。ホームから海を眺める【予讃線】

今回の主役は、愛媛県伊予市双海町串にある、予讃線の串駅です。

串駅は、牛山隆信さんによる秘境駅ランキングで愛媛県から唯一選ばれた正真正銘の秘境駅です。

この記事を書いた2018年度版では138位だったのですが、2020年版をチェックしたら126位にランクアップしていました!おめでとう串駅!

ちなみに串駅のとなりには、青春18きっぷのポスターになり、「フォトジェニックだ!」なんだのと大人気スポットになっている下灘駅(しもなだえき)がありますよ。



愛ある伊予灘線の串駅と下灘駅

予讃線の中でも伊予市駅(愛媛県伊予市)~ 伊予大洲駅間(愛媛県大洲市)の区間は、愛ある伊予灘線といいます。串駅もこの区間に入っています。

串駅と隣の下灘駅は、電車で約3分の距離。Googleマップを見ると、その気になれば駅間歩きができそうな感じです。

これほど近くにありながら、「海に近い駅」として知名度が高いのは下灘駅という不思議…。地図からもわかる通り、串駅だって海に面してますし、ホームからもしっかり見えますよ。

私は正直、初めて車内から下灘駅を見たとき、海よりも人の多さにビックリしました。ビックリしすぎて人が少ない串駅を先に訪ねたくらいです(笑)

「もうすこし人気が落ち着いたら下灘駅も行きたい」と思っているのですが、そう考えてからすでに数年経過しています。これは、人の多さを覚悟して訪問するしかなさそうですね。



串駅のホームと待合所

串駅

そんなわけで、串駅です。漢字一文字の駅名の駅名標は、なんとなくシュールに感じます。なぜこんなにドアップで撮ってるかといいますと…。

串駅2

ご覧の通り、ホームが激せまなのです。ゆっくり駅を見る前に電車を見送ります。ばいきんまんが「バイバイキ~ン」と手を振っててかわいいです。

串駅4

改めてホームを撮影。片側のみ乗降に使われる単式の1面1線です。串駅は無人駅で駅舎がないので、ホームには待合所があります。

串駅3

待合所の中はこんな感じ。屋根と同じブルーのベンチが4つにゴミ箱、壁には時刻表をはじめいろんなものが張られています。

串駅5

下車したのは私1人ということで、ホームから見える海を独り占めしちゃいました。

プラットホームからのびる不思議な階段

串駅

ホームのはしっこまで歩くと、不思議な階段を見つけました。当然ながら歩きますよね。

串駅

歩いた先にはお墓がありました。一般の墓地のような気がしたので、これ以上近づくのはやめておきました。

串駅

階段を上ってからの方が、ホームで見るよりちょっとだけ海がよく見えた気がします。



のどかな串駅の踏切と気になる坂道

ホームのはしっこから改めて撮った、串駅の景色。ホーム正面には絶壁があり、緑が生い茂っています。待合所の奥には踏切と左右に出入口があります。

キロポストを発見。串駅が予讃線の起点である高松駅から225km離れていることを示しています。

串駅

踏切に接近。「とまれみよ」という言葉が個人的には新鮮で、思わず撮ってしまいました。菜の花もきれいに咲いてますね。

踏切を正面から撮る。もうこれだけでのどかな雰囲気が伝わってきます。そして、その先にある細い坂道が気になります。

そして足元を見ると、「トマレ」の文字が。カタカナで書かれているせいか、トマトと見間違えそうになりました。

踏切を歩きながら瞬間撮影。コンデジだからこそできる荒技です(笑)

串駅の駅探索はこれで終了にして、次回からは先ほどの坂道を歩いて、その先の景色を見ていきたいと思います。最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

鉄道コム
応援クリックしていただけると嬉しいです。