芭蕉小路に代官小路も!郡山駅から気ままに街歩き

今回は、郡山駅前を気ままに散策したときの様子をお伝えします。目的なく歩いたので、ルートがめちゃくちゃですが、よろしくお付き合いください。

特に目立った観光地が出てくることはないのですが、郡山の良い雰囲気が何とな~く伝わればいいかなと思います。

これまでの郡山駅のエピソードは下のリンクからどうぞ。

郡山駅の駅弁・福豆屋郡山シティホテル編。

郡山駅から駅前通りの様子

郡山駅散策では、駅前にある大通りを中心に歩きました。ということで、まずはこちらの大通り沿いの様子を紹介します。

郡山駅_散策

郡山駅を出発。天気が悪いので地面が濡れまくっています。

郡山駅_散策

駅前大通りなので、商店やビルが立ち並んでいます。

郡山駅_散策

このお店を見て、「7万石勝った!」と喜ぶ私は埼玉県民。うまいッ!うますぎる!ネタが分からない人はすみません。

三万石は和菓子だけでなく、洋菓子も充実しまくっているお店のようです。名物の「ままどおる」美味しそうだなあ~。今度買ってみよう。

あ、十万石も洋菓子美味しいですからね!(謎の対抗心)

郡山駅_散策

インスタグラムにも書いたんだけど、商店街でお店の前にでっかいぬいぐるみ座らせてるのよく見かけます。しかもなぜか、ぬいぐるみから哀愁が漂うという・・。どの子もみんなくたびれてるんですよね(^^;

学生時代、川越のクレアモールで見かけたくまのぬいぐるみを思い出しました。あっちのくまは、たれぱんだ並にとろけてたなあ・・。みなさんはそんな記憶ありませんか?




歩道になぞのコンビあらわる!?

つづいて、郡山駅から歩いて約10分の場所にある安積国造神社周辺を参拝しました。神社での様子については、こちらの記事をご覧ください。

郡山駅

ちなみに神社付近の歩道で、謎のコンビに遭遇しました。

安積国造神社に行くとき、歩道橋で県道57号線を渡ったのですが、降りた場所に彼らが佇んでいました。急すぎてビックリです。

郡山はアートにも力を入れているようです(?)

郡山駅

別の子です。お腹がメタボってて、なんか親近感がわきます。

郡山駅

こういう派手なシャッターもローカル色があって好きです。「ちょい不良バンド」って何だ?気になります。

なかみち夢通り&芭蕉小路の様子

つづいて郡山駅と安積国造神社の中間にある、なかみち夢通り&芭蕉小路を歩きました。

郡山駅

といっても、なかまち夢通りの写真これくらいしかありません。看板だけじゃん!といいますのも、この通りってショッピング街で旅情がそれほどかき立てられなかったのですよ。

郡山駅

なかみち夢通り周辺をブラブラしてたら見つけたのが、芭蕉小路

芭蕉が通ったといわれる道を「芭蕉通り」というみたいなので、ココもそうなのかもしれません。

基本的に細い路地は入ってみたくなる性分なので歩いてみました。

郡山駅

人ひとり通るのが精いっぱいの通路に、蔵造りの建物が立ち並びます。良い雰囲気です。

でも中はオシャレな飲食店ばかりで私とは縁がなさそう。

郡山駅

せめて、蔵のアップだけでも撮っておこう。

郡山駅

何もせず通り過ぎた先は、ビルとつながっていました。何のビルだったか思い出せません。

代官小路&陣屋の様子

郡山駅

その後、自分でもよく分からない感じで歩いていると「代官小路&陣屋」と書かれている場所に着きました。

とりあえず歩いてみることに。

郡山駅

でもこのエリアは飲み屋さんがメインみたいで、午前中は閑散としていました。建物自体はノスタルジックで良い感じです。

郡山駅

ちょいちょいホテル街っぽいところがあって、アワアワしながら通り抜けました。

郡山駅前の市街地散策はこんな感じです。中身があるような無いような感じになってしまいすみません。

実は郡山駅散策では、意識の90%はマンホールに傾いてしまい、地面ばっかり見てました(懺悔)次回はそんな大収穫のマンホールたちをご紹介していきます。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

鉄道コム
応援クリックしていただけると嬉しいです。