真夏の諏訪市湖畔公園と北澤美術館を観光【上諏訪駅】

今回は上諏訪駅の散策編です。前回も書きましたが、ガラケーで撮影したので画像はそれなりのクオリティです。なんか変にモヤみたいなのがかかってますが、お付き合いください(笑)

駅舎探索はこちら

真夏の14時に諏訪市湖畔公園を訪ねる

上諏訪駅散策1

上諏訪駅は宿泊を兼ねての訪問でした。

駅そばのビジネスホテルに泊まったのは覚えてるのですが、名前が思い出せない・・。地理的に「ホテルルートイン上諏訪」だと思います。

場所はここ↓

チェックインを済ませて、すぐに散策開始。時間は14時過ぎでした。

私の記憶が間違ってなければ、訪問したのってお盆休みだったはず…。真夏の14時って、今思えば「熱中症になりたいの?それともシミつくりたいの?」って感じですね。

えぇ、ご要望通り5年経った今、シミだらけになってますよ。

諏訪湖市畔公園

諏訪湖周辺は「諏訪市湖畔公園」として整備されてました。

天気が良くて空もきれいで、ガラケーで撮ってもそれなりに満足できちゃうのでした。

諏訪湖市畔公園

小さなアヒルさんボートならいろんな湖で見かけるけど、アヒルさん型の遊覧船は初めて見ましたよ。

上諏訪駅散策4

緑いっぱいの遊歩道を歩く。写真を見てるだけで暑そうな感じ。今歩いたら間違いなくバテてると思う。5年前の私は怖いもの知らずで若かった…。

諏訪湖市畔公園

芝生をカモ(?)の親子がちょこまか歩いてましたよ。子ガモ可愛いです。




ガラス工芸が見られる北澤美術館へ

北澤美術館

結局、暑さに負けて偶然見かけた北澤美術館に立ち寄ることに。

北澤美術館は2017年に35周年を迎えたそうです。おめでとうございます。

北澤美術館では、ガラス工芸や現代日本画の展示が見られるほか、年間を通して開催されるいろんなイベントが楽しめます。

北澤美術館

中でもこちらのキノコが有名みたいですね。公式サイトのアイコンにもなってますし、私が訪問したときもみなさん撮影されてました。

私も撮ってみたけど・・ガラケーの限界を感じた気がします。

ちなみにこちらは、エミール・ガレ作の「ひとよ茸ランプ」というそうです。

北澤美術館

ほかにもイロイロ見たのですが、撮影禁止で記録に残っておらず、うまく思い出せません。

ただ、ひと通り見るだけで2時間ぐらいかかったので、結構見ごたえあるかと思います。

こちらはショップで売られていたキノコたち。こういうのが調和するきれいな部屋にしたい(切実)

夕暮れの諏訪市湖畔公園を歩く

上諏訪駅散策9

北澤美術館を出たころには日暮れに差し掛かってて、諏訪市湖畔公園も少し歩きやすくなってました。

夏の空は雲がモコモコで見てて楽しい。特に真ん中の横棒みたいな雲がお気に入り。

上諏訪駅散策10

小型のアヒルさんボートを発見。ひと仕事終えたような雰囲気が漂ってます。

上諏訪駅散策11

大きなアヒルさんと再会。亀さんの遊覧船もあるんかい!

上諏訪駅散策12

今写真を見返すと、後ろで右腕を挙げてる像が気になります。

余談~謎の花火大会に遭遇した話

ホテルに帰ってシャワーを浴び、バスタオルでふきふきしていると、突然「ドーン」と大きな音が響き渡りました。

慌てて外を見ると、打ち上げ花火が。

花火大会でもやってんのかな?とTwitterで検索すると、地元の方もよく分かってないみたいで「今、諏訪湖で花火上がってるけど、なんで?」というつぶやきが流れてました。

諏訪湖の花火大会なんて大人気イベントで、期間中のホテル予約はすごく難しいのに、謎の打ち上げ花火をホテルから観賞できてラッキーでした。

まあ、周囲の建物に遮られて花火の99%は半円型だったんですけどね(笑)しかもガラケーなので撮影できず。

今回はこの辺でおしまいです。最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

鉄道コム
応援クリックしていただけると嬉しいです。