【前編】ライオンズ要素高めな南郷観光@宮崎県!道の駅なんごう中心‥九州旅行 2019 ③

今回は2019年春の青春18きっぷで九州旅行3日目の様子をお伝えします。今回の旅で一番のお目当てだった南郷駅ということもあり、この日は1日かけて南郷観光を楽しみました。

その結果、写真や動画がとんでもない数になりまして‥。どんなに絞り込んでも50枚を超してしまうので、3日目は例外で前編・後編に分けたいと思います。

長くなりそう&野球要素高めですが、どうか最後までお付き合いくださいませ。

18きっぷで九州旅行 2019!1日目の旅程

この日は16:28発の志布志行きの電車(日南線)に乗る以外は予定フリーでした。日南観光でやりたいことは、最低限3つ。

1.マリンンビューワーなんごう(観光船)に乗る
2.南郷スタジアム(野球場)に行く
3.南郷名物のかつおめしを食べる

南郷駅に着いたときにこのチラシを見つけて、かつおめしフェアが気になっております。ワンコインかツーコインでかつおめしが食べられる‥!これは実現せねば。

ではいきましょう~。

マリンンビューワーなんごうの乗船場に行く

まずは1つめの目的を達成すべく、マリンンビューワーなんごうへ。乗船場は駅からちょっと遠いのでタクシーを使います。

昨日、南郷駅に着いたときは駅前にタクシーが停まってたので予約不要で乗れるだろうと思ったら今朝に限っていなくって、近くに営業所があったので、そこまで行きました。

 

でも営業所も運転手は全員出てしまってていなくって、15分ほど待ってから乗車。タクシーで5分ほどで乗船場に着きました。料金は880円でしたよ(私の場合)。

こちらが観光船・マリンンビューワーなんごうの乗船場。なぜ私がマリンンビューワーなんごうに乗りたいかというと、西武ライオンズがこの船に乗って船上パレードをしたから。

詳細はこちらで。

南郷町は西武ライオンズのキャンプ地で、ゆかりある町なんですよ。

乗船場に入るや否や、ライオンズ色が濃い受付に歓喜乱舞。スタッフさんもほぼ全員がライオンズのパーカーやキャップを身につけていました。

レオ様~。友人がレオのことをなぜかレオ様と言うのでうつってしまった(笑)

天候が良ければLINEトラベルjpの取材をさせてもらいたいと思っていたので、交渉をする。OKをいただき、ライオンズがキャンプに来たときの話もいろいろ聞かせてもらいました。

午前中に着いちゃったけど取材は午後からということで、ちょっと時間を持て余すことに。‥といっても暇ではなく、乗船場内にある選手のサインなどを舐めるように見ていました。

それでもスタッフさんは「暇してるのでは」と気遣ってくださり、なんと、道の駅なんごうまで送迎してくださることに。大変恐縮ですが甘えてしまいました。

予定外の道の駅なんごう訪問

そんなわけで、予想外に訪ねることができた道の駅なんごう。行きたくても徒歩圏外だったので諦めていたのですよ。

道の駅なんごうは、トリップアドバイザーで道の駅の日本一に選ばれたことがあるすごい場所です。滞在時間は1時間弱ほどなので、さくっと見られる範囲で見ていきます。

入口を入ってすぐに売店とカフェがあるのですが、ひとまず通過。その先に歩道があるので気ままに歩くことに。

何この絶景!何この絶景!!!

海が真っ青でキレイ、南国植物が生い茂っててテンション上がる、そして快晴の空も最高!

宮崎県のこういうところ大好き!

どこを切り取っても明るい気持ちにさせてくれる絶景つづき。それもそのはず、道の駅なんごうは日南海岸国定公園のほぼ中央に位置して、日南海岸の中でも絶景中の絶景スポットなんですよ。

思わず駅前じゃないけど、こけしのはれぎちゃんの写真を撮ってしまいました。

道の駅なんごうのカフェへ‥

その後、道の駅なんごうのカフェレストランで一服することに。壁にライオンズ要素を発見したので写真を撮らせてもらいました。光で反射して文字が読めん。ルーキーが体験教室に行ったときの写真かな?

写真の周りには選手のサインがあったのですが、こちらもほぼ光で反射‥。興奮しすぎてミスに気づきませんでした。

でも“源田たまらん”でおなじみの名ショート・源田選手のサインはどうにか確認できました。

その後、カフェではマンゴーパフェをいただく。大き目のマンゴーがゴロゴロでおいしい!下にはコーンフレークじゃなくてグラノーラが入ってたのも私好みです。

こうして道の駅なんごうをちゃっかり楽しんだ後、再びマリンンビューワーなんごうのスタッフさんにお迎えしていただき、乗船場に向かいました。

出港準備をしているマリンンビューワーなんごう。ライオンズの旗がはためいているのも私のツボをつきまくりです。

チケットを購入し、さっそく乗り込みます!

マリンンビューワーなんごうでライオンズ選手のサインを拝見

出航までに時間があるので、その間にスタッフさんからライオンズ要素を紹介してもらいました。まずは、船上パレードのときに書いてもらったベンチのサインです。

こちらは“おかわり君”でおなじみのホームランバッター、中村選手。

こちらは2019年から新キャプテンになった秋山選手。

そして現・ライオンズの4番で“どすこいパフォーマンス”でおなじみのホームランバッター、山川選手。前も言ったけど、山川選手の穂高って名前大好きです。

「かのえかなさ~ん、こっちも!」と案内してもらったのが、運転席そばの扉です。菊池雄星投手が背番号17のときに書いてもらったものなので、結構昔の寄せ書きサインとのこと。

秋山選手はこちらにもサインをしておりまして、ベンチにサインを書いたときに「前にも書いたことありますよ~」とおっしゃっていたのだそう。

 

昔サインしてくれたことを覚えてくれていたと、スタッフさんが嬉しそうにお話しされているのを聞いて、こちらも嬉しくなりました。

運転席そばの扉を見たい場合は、スタッフさんに聞いてみると良いですよ。

一応、クルージングの一環で扉の横を通る機会はあるのですが撮影は難しいと思うので、出航前後やスタッフさんに話しかけられるタイミングで撮影させてもらうと良いかと思います。

そして船のお尻部分。私の記憶が正しければ、パレード時はここで栗山選手と中村選手が佇んでたはず。

さて、次回はマリンンビューワーなんごう出航です。最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

※追記※
一足早く、マリンンビューワーなんごうを取材して出来上がったLINEトラベルjpの記事をお届け!どんな観光船か気になるという人はこちらをどうぞ。

 

鉄道コム
応援クリックしていただけると嬉しいです!