mi3

南与野駅から与野本町まで歩く③貴重な与野市マンホールに出会う!

こんにちは。かのえかなです。今回も南与野駅から歩いてます。レアなご当地マンホールに出会えてちょっと興奮気味です。

今は亡き与野市のご当地マンホールに出会う

mi1

大カヤに別れを告げて、出発。3月だったので、梅の花が咲いてます。

mi2

国の天然記念物を離れ、再び歩くは閑静な住宅街。スクールゾーンなんて書かれてますよ。懐かしい響きですね。

なんて、のんびり歩いてたら・・。

mi3

マンホールを発見!南与野駅前で見たデザインと同じかな~と目を凝らして見てみると・・・ち、ちがう!!!!!

上に「YONO CITY」って書かれてます。つまり、さいたま市に合併される前の与野市のころにデザインされたマンホールということです。

ウヲヲヲヲヲ!!!!もう作られることはないからレアだ~。なのになぜ、こんなに撮影が雑なんだ。当時の自分。(影がかかってる&真上からの撮影じゃない)

ちなみに描かれてるのは、与野市の花だったサクラと川を泳ぐ鯉です。ピタリと寄り添う2匹の鯉がイイですね。カ~プ、カ~プ、カ~プ広島♪

時が時なら道路で「んほー!!」って叫ぶくらい興奮してたと思う(迷惑)
※野球ファンしか分からなそうなネタですみません。

mi4

そんな興奮を胸に秘めながら歩き始めます。すると、しばらくしてこんな看板が。

そうか、与野の大カヤがある道だから「かやのき通り」なんやね。って、今さらかーい!

mi5

ということで、かやのき通りを歩いてると、横断歩道の先にまた看板を発見。近づいてみると・・

mi6

与野七福神があるとのこと。10m先にあるとのことなので、せっかくだし立ち寄ることにしました。

与野七福神?というか親戚のオッサンぽい猫に会う

mi7

道なりに歩いた結果、鈴谷大堂に到着。ここに与野七福神の神様のひとつ、毘沙門天(びしゃもんてん)がいるらしい。

mi8

お堂の中にいるのかな?ちょっとよく分かりませんでした。

mi9

実は鈴谷大堂に着いたころにはすでに与野本町駅付近まで来ており、ほかの七福神も与野本町駅周辺にいることが分かりました。でも、疲れたので行ってません。

mi10

鈴谷大堂にある看板を見たところ、毘沙門天は財宝や富を護ってくれるとのこと。姿は確認できませんでしたが、とりあえず参拝しておきました。

mi11

鐘の音に反応して、ヒョコっと猫が出てきました。ぼ~っとこっちを見ております。

なんか、親戚の家に立ち寄り帰る間際に、パンツ一丁で出てきたおじさんが「なんや、来とったんか」と顔を出したときの感じに似ています(どんな感じだ)

そんなわけで南与野駅~与野本町駅の駅間歩きは終わりです。次回は与野本町駅前と駅舎を散策します。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です