【駅舎探索】南与野駅(埼玉県・埼京線)に降り立つ

どうもこんにちは。かのえかなです。今回は駅トホ初・我が地元の埼玉県の駅をピックアップしたいと思います。

どこの駅かと言いますと、埼京線の南与野駅&与野本町駅です!!

2つの駅の間は1.6~1.7kmくらいしか離れておらず、20分くらい歩けばとなりの駅に着いちゃう距離なんです。なので、今回は駅間歩きをすることにしました。

まずは、南与野駅の駅舎探索を紹介したいと思います。

埼京線といえば、この駅看板

yo1

南与野駅は、1985年開業のわりと新しい駅です。各駅停車しか停まらない駅なので、埼京線ユーザーでも縁がないという人も多いかもしれませんね。

ちなみに私は大学時代、卒論の資料を埼玉大学に借りにいくときに初めて下車しました。賢そうな大学に資料を借りに行くってことで、めっちゃ緊張してた気がします(笑)

yo2

埼京線の駅看板といえば、緑のラインの上に描かれたこの細長いやつです。

学生時代~社会人にかけて埼京線ユーザーだった私は、この看板を見るたび懐かしい気持ちになります。でも昔は漢字表記だった気がする。私の記憶がおかしいのかな?

もう10年くらい前の話だからなぁ~・・・(遠い目)

yo3

看板の後ろには新幹線の線路が通っています。ホームに立ってると、真横を新幹線がマッハで通り過ぎる感じです。これが結構迫力あります。

ホームで通話中に新幹線が通過すると、あまりの轟音に一時会話が停止するのがお決まりです。分かってりゃホームで電話しなきゃいいんだけどね(^^;

やっぱ馴染み深い路線を取り上げると、ローカルネタやあるあるネタに走ってしまうなあ(ただし、あるあるが本当にあるあるとは限らない)

う~ん地味!でもそこがいい

yo4

こちらが南与野駅の改札です。ホームも改札も特に書くべきことが見つからない・・。

自分がよく使う路線の駅って、見慣れ過ぎて今さら何を紹介すべきなのかが、ほんまに分からないとです(^^;)

兄弟の良いところを紹介してって言われるような感じに似ています。

なので思わず「地味」なんて書いちゃいましたが、これも愛着を表現した結果なので、お許しください<(_ _)>

yo6

南与野駅にいたっては高架駅なので、このように駅舎が地味で何を書くべきか余計に悩む。でもこの地味さが好きです。

yo5

そうそう、改札出た向かい側にスーパーがありますよ。高架下にあるスーパーです。でもこれ撮影したの3年前(2014年)なので、様子が変わってるかもしれませn。

今回はこんな感じで終わりです。次回は南与野駅前をブラブラしてみます。最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です