鹿児島中央駅周辺を歩き、1人観覧車に乗る‥九州旅行 2019 ⑤

まだまだ続くよ、青春18きっぷ旅・2019春@九州シリーズ!今回は5日目の記録です。今回は鹿児島中央駅周辺を適当に街ブラしております。

18きっぷで九州旅行 2019!5日目の旅程

この日、本当は指宿枕崎線(いぶすきまくらざきせん)に乗って西大山駅などをめぐる予定でした。でも昨日長時間バスに乗っていた影響か疲れ果ててしまって、体力が持たないと判断し断念。

仕事が溜まっていたこともあり、ホテルで1日過ごすことにしました。でも夕方前には体力が回復して仕事もひと段落ついてきまして‥。

せっかく鹿児島中央駅に来たんだから、何かを見たい!と思い立った結果、駅周辺にある甲突川歴史ロード 維新ふるさとの道を中心に散策することにしたのでした。

位置情報確認

B&Bパークホテルを出発し、大通り(ナポリ通り)を甲突川方面へ歩き、“甲突川歴史ロード 維新ふるさとの道”へ行きます。そして川沿いを歩き、大久保利通像を見て、駅方面にUターンする感じです。

狭い範囲のようですが、歩いてみたら2時間ぐらいの散策になりました。

ホテルを出発し、ナポリ通りを歩いて甲突橋へ

そんなわけでホテルを出発~。ホテルと茶色い建物の間にある細い道を通って、ナポリ通りという大通りに出ます。

ナポリ通り。都会的な雰囲気です。

途中に“西郷南洲翁宅地跡”なるものを発見。案内板には、ここに住んでいたころの西郷隆盛は人生の波乱万丈の時代だったと書かれていました。今は公園の一角になっています。

そして甲突川にかかる甲突橋に着きました。

大きくてきれいな川だ。ちなみに“こうつきがわ”って読みます。

橋を渡ったところから見える景色。バスにも西郷隆盛要素。そしてビルの後ろから桜島がチラリ。

私、鹿児島中央駅に来るまで桜島がこんなに近くにあるとは思いませんでした。橋を渡り終わったら、ちょっと焦げ臭いようなにおいがしてきまして

「桜島が近いからか?ここまで灰のようなにおいがするのか?」

と驚いたのですが、近くで火災が発生したそうです。そりゃそうだよな‥桜島なわけないよね。

甲突川沿いを歩く

気を取り直して、甲突川沿いを歩きます。グーグルマップにもあった帽子の像を発見。これはどんなシーンを像にしたのだろうか‥?


ここですね。

川沿いはすごくキレイに整備されてて、こうして所々に歴史を学ぶことができる展示物もありました。

川沿いをひと通り歩き終わったところには、こちらの西郷隆盛さんのパネルが。ほんまに鹿児島は西郷隆盛要素がすごいですね。

横断歩道を渡った先には門があり、“甲突川歴史ロード 維新ふるさとの道”の入口となっておりました。このまま進みましょう。

 

甲突川歴史ロード 維新ふるさとの道もここまでと同じくいろんな展示物が並ぶ遊歩道になってました。グーグルマップで調べると、ちょっと横道にそれたら西郷隆盛誕生地があるとのことなので寄り道することに。

こちらが石碑。となりには西郷隆盛の弟・西郷従道邸庭園跡庭石もありました。それ以外は普通の町の小さな公園って感じでした。

再び甲突川歴史ロード 維新ふるさとの道に戻ると、西郷どん大河ドラマ館と書かれた看板とともに“二つ家展示物”がありました。

二つ家っていうのは、武家屋敷の住居形態のことらしいです。武家屋敷の中には当時の生活風景を表現する小物も展示されていました。

さらにまっすぐ進むと、階段を下りてより川のそばを歩ける道へ行けるようになってました。

地元にこういう綺麗で雄大な川沿いを歩ける場所がないので、すごく癒されます。

しばらく歩くと上る用の階段があり、そこを上がり切ったら大久保利通像がありました。

観覧車・アミュランを目指して駅前へ

川沿い散策を終えて、駅前までやってきました。せっかく鹿児島中央駅まで来たんだから、やっぱり観覧車は乗りたいわね~。でもぼっちで乗るのは恥ずかしいわね~と悩む。

なので、まずは先に鹿児島中央駅の中を探索することにしました。

西口方面へ進むと、でっけー杉の木を発見。樹齢3000年の出会い杉って言うそうです。周りには椅子が設置されており、待ち合わせ場所にぴったりな感じ。

大宮駅で言うと豆の木ってところでしょうか?(埼玉県民にしか分からないネタですみません)

そして西口に出る。広場にきれいなモニュメントを見つける。薩摩切子をモチーフにしているそうで、夜は光って特にきれいなのだそう。周囲はビジホが密集しておりました。

駅探索を終え、観覧車に乗る決意がついたので、いざアミュランへ。ちなみに料金は大人500円で、所要時間は約14分となっております。

ぼっち観覧車は松山の高島屋で乗ったのとあわせて2回目ですね。もう怖くないぞ、ぼっち観覧車。

観覧車のてっぺんに達すると、目の前に桜島がど~んと現れてそれはもう絶景でした。ほかにも路面電車を見下ろしたり、あれこれ見てたらあっという間に14分が経過してました。

とんかつ川久のお持ち帰りで夕飯をゲットする

散策をひと通り終えたところで、駅近くのお店で夕飯を調達することに。選んだのはこちら、“とんかつ川久”です。

どこを見ても口コミ評価が高く、店内はお客さんでいっぱい!バックパックやキャリーバッグを持っている人も多くて、観光客にもすごく支持されている様子です。

とんかつ川久でお持ち帰りを注文する

今さらな報告ですが、この日の私、すっぴん+マスクで出かけてまして。(もう1日が終わるというのにフルメイクするのめんどくさかったんだもん←だから女子力がないのだ)

こんな大人数の前でいい歳したおばさんのすっぴんをさらすのはぼっち観覧車より過酷と思い、おそるおそるお持ち帰りできるか聞いてみたところ「OK」との返事が。

ただ混雑のためか出来上がるまで20分かかるとのことで、近くをブラブラして時間つぶしをしてました。そして、20分後とんかつを受け取り、ホテルに戻り‥

噂の絶品とんかつとご対面です。とんかつが美味しいのはもちろんのこと、千切りキャベツ用のドレッシングが絶妙な甘さ加減でめちゃくちゃ美味しかった!ごっつあんです。

5日目はこれにて終了。次回は鹿児島中央駅を出発して、熊本県の人吉市に向かいます。最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

鉄道コム
応援クリックしていただけると嬉しいです!