富士岡駅 散策~静かな町でレトロ建築を眺める

こんにちは、かのえかなです。今回は富士岡駅の散策編となります(→駅舎探索)。滞在時間が短かったので、あまりいろんな所は歩けなかったのですが、ありのままの町の姿をお伝えできればと思います。

富士岡駅の基本情報

所在地:静岡県御殿場市
路線:御殿場線
撮影日:2013年8月下旬

富士岡駅は、ホームから富士山がよく見える隠れた絶景スポットとなっています。鉄道旅するなら、ぜひぜひ立ち寄ってもらいたい場所です。

改札口は富士山がある方と反対側にしかついていません。なので、散策時は富士山を背にして進むこととなりました。

富士岡駅の駅舎

散策を始める前に、まずは駅舎撮影。こぢんまりとしたサイズで赤茶っぽい三角屋根と入口にあるガラス張りの丸いアーチが特徴的。

木造駅舎のように分かりやすいレトロ駅舎じゃないけど、それなりに歴史がありそう。です。

やっとブログ内で駅舎がある駅をピックアップできたぞ~。

富士岡駅前にある中村ラーメンの横を歩く

駅前にはぽつりぽつりと商店と民家が並んでいます。解説出てすぐの場所にあるのは、赤紫色っぽい四角い屋根が目印の中村ラーメン。

調べてみたところ、現在はお店の外観が変わったみたいです。5年経ってるからね、撮影してから・・。現在は「ラーメン ギョーザ」と書かれたレトロなカバー(?)がなくなり、シックな造りになっています。

私は食べなかったのですが、口コミでは評判良いみたいです。時間と胃袋と相談して突撃してみてください。

時間がない私は、中村ラーメンを右手にして通過。静かな町の中を歩いてきます。

ここは「富士岡駅前商店街」っていうのね。商店街か・・でも、商店というより民家が多いというのが私の感想です。

レトロな建物を見ながら適当歩き

「現役なのだろうか?」と首をかしげたくなるレトロなパブ?スナック?っぽい建物。左手についてる看板の「のん」の文字が色あせてるのが特にレトロ感があってお気に入り。

これまたレトロな地図で現在地確認。「ヤマダ本店」「昭和堂」がある通りをまっすぐ歩いてきた感じです。

ヤマダって何を売っている店なんだろうか?ヤマダ電機とかなら分かるけど・・と思いつつ、突き当りで左折することにしました。花屋さんの方に向かって歩きます。

で、こちらが花屋さんの近くにあるバス停、富士岡停留所です(地図をよ~く見ると載ってます)

なんか料理番組の「完成したものがこちらです」状態のように、途中の過程の写真がなく、唐突にこのバス停の写真が出てきました。

こう言ってはなんですが、本当によく見かけるのどかな町並みだったのだと思います。

こちらがバス停や花屋が並ぶ県道394号線です。奥にチラリと映る「とうまい肉店」ですが、ヒルナンデスに出たことがあるそうです。馬刺しがおいしいと有名なんだそう。

まあ、そんなことを知らない私は駅に引き返します。時間がないし、空の色からも察していただける通り、とにかく暑いんです。

富士岡駅周辺をうろつく

駅まで戻ったはいいけど、ちょっとだけ時間が余ってるってことで、今度は駅の横をチラチラ見ることにしました。

こちらは駅舎左手のスペース。看板が並ぶ駅ホームが見えます。ついでに(ついでかい)富士山の先っちょがチラリと見えてます。

自由に停められそうな駐輪場もありました。そしてまたしても富士山チラリ。略してフジチラ。

となりには整備された駐輪場もありました。自転車の多さを見ると、利用者はけっこう多いみたいです。

富士岡駅ホームに帰る

そろそろ電車区る時間だなってことで、ホームに戻る。

ベンチに例のカップルのリュックがなくなってると思ったら、ホームで2人で立って富士山見てました。

「まだ見てたのかよ~!」って正直びっくりしたけど、横に並んで黙ってじーっと富士山見てる様子はやっぱり羨ましかったです。

沈黙が不自然じゃない関係も、「これが自分たちにとって良い時間の使い方」っていうものの価値観が近いのも羨ましい限りです。こういうカップル、憧れるなあ・・と思いつつ電車が来るのを待ち、国府津方面へ向かったのでした。

適当にブラブラ歩いただけの富士岡駅散策はこれにて終了です。最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

ブログランキング・にほんブログ村へ鉄道コム

お好きなバナーからランキングに投票していただけると嬉しいです。全部のランキングで応援してくれるともっと嬉しいです。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です