佐土原駅

佐土原駅。昭和レトロな駅舎とコンテナ集配基地【宮崎県宮崎市】

今回は、宮崎県宮崎市にある佐土原駅(JR日豊線)が主役です。この駅、独特の味がありましてね…。木造駅舎のような正統派なレトロじゃないんですけど、どこか「昭和」を感じさせてくれるのですよ。

成り行きで下車したのですが、お気に入りの駅のひとつになりました。あ、ちなみに読み方は「さどわら」です。「さどはら」じゃないですよ。

では、さっそく行きましょう!

佐土原駅の基本情報

所在地:宮崎県宮崎市佐土原町下田島
路線:JR日豊線
撮影日:2018年4月中旬

私は2018年春の青春18きっぷを使って訪問しました。なんで延岡駅からの地図を載せているかといいますと、当時私が延岡駅から出発したからです。

延岡駅から佐土原駅間の移動時間は、約1時間。当初の予定では、4つ隣の都農駅(つのえき)で降りる予定だったんです。

でも、電車に乗る前の延岡散策で疲れ切ってしまい、どうしても降りる気になれず。でも、やっぱりどこかで降りたいと気持ちを奮い立たせ降りたのが、佐土原駅なのでした。

当時の詳しい状況は、こちらからご覧ください。

 

そんなわけで、予備知識もなく降り立った佐土原駅ですが、なかなか楽しめる駅でした。




佐土原駅のホームとコンテナ集配基地

佐土原駅

というわけで、佐土原駅です。

佐土原駅

佐土原駅

佐土原駅には、両面から車両に乗れる”島式ホーム”と駅舎に接していて片面だけ乗降に使われる”単式ホーム”があり、全部で3つの乗り場があります。

私が下車したのは島式ホームでしたので、まずはこちらから探索していきます。

佐土原駅

奥にある跨線橋で反対側のホームに行くんですね。

佐土原駅

佐土原駅

ベンチは、ちょっとくたびれたご様子でした。

佐土原駅

ホームからはコンテナ集配基地がよく見えます。JR貨物佐土原駅に属した佐土原オフレールステーションがあるのだとか。

佐土原駅

佐土原駅

佐土原駅

コンテナのそばには観光案内らしきものがありました。色あせていてレトロ感があります。佐土原うなぎって名物があるんですね。

佐土原駅

乗り場を知らせるプレートも、文字が消えかけていて味わい深さがありました。

跨線橋を渡り、佐土原駅の改札へ

佐土原駅

では、反対側のホームにも行ってみますか。この眺めもまた、哀愁があっていいなあ。

佐土原駅

立派な跨線橋ですね。

佐土原駅

真っ赤な鉄骨がむきだしで、どことなく凄みを感じます。

佐土原駅

佐土原駅

中を入ると青。そして、薄暗くてやっぱり哀愁がただよう。焼酎の二階堂のCMに使えそうなくらい哀愁がある。たまらん。

佐土原駅

階段の手すりと思われる木材も、塗装が剥げててやっぱり哀愁がすごい。個人的にはこのままでいて欲しいです。

佐土原駅の駅舎側ホームと待合室

佐土原駅

跨線橋を渡り終え、駅舎側のホームに着きました。天気のせいもあるけど、やはりこちら側も薄暗い。

佐土原駅

奥まで進むと、駅長事務室の看板を発見しました。文字が消えかけてて、歴史を感じさせてくれます。文字のフォントが丸みを帯びてるのもレトロ感あって良い。

でも、今の佐土原駅は業務委託駅なので駅長さんっていないのでは?壁の一部がタイルになってるのもハイカラ的というか、ポイント高いですね。

佐土原駅

そして佐土原駅の改札です。交通系ICカードをタッチする機械はありますが、自動改札機はないようです。横には駅員さんがいる窓口があります。

佐土原駅

そして、改札を通って待合室へ。静かで薄暗くって(何回言うねん)、この二階堂のCM的雰囲気すごく好きです。




昭和を感じる佐土原駅の駅舎

佐土原駅

さて、いろいろ見てきた佐土原駅探索もクライマックス。最後は駅舎外観です。

現在の佐土原駅の駅舎は、1967年(昭和42)に改築されたものなのだそう。これを書いてる2020年の時点で50年以上経ってますね。通りで至る所に歴史を感じますわ。

台形を逆さまにしたようなユニークな屋根と壁の模様が印象的です。そして、屋根の赤色がちょっとくすんでいるのも良い感じ。今年はやりの”くすみカラー”ですか!?

小さなポストに電話ボックスがあるところにも、昭和レトロを感じます。飲料自販機の横は、トイレとなっています。

佐土原駅

外壁の模様は2色のタイルによるものみたいです。さらによく見たら、窓の下も別のタイルで装飾が施されています。そこもうちょっとアピールして欲しいわね。こうなるとアイス自販機さんには移動を願いたい(笑)

この2つの柄物をコーディネートして着ちゃいましたみたいな、攻めた装飾がすごくツボです。純木造駅舎とはちがった、別ベクトルのレトロを感じます。

佐土原駅

そして、駅前には宮崎交通のバス停も。バス停の色もちょっと薄れちゃってますね。これもまたヨシ。

こんな感じ方は私だけかもしれませんが、佐土原駅は「昭和のしゃれた建物ってこんな感じなんだぜ」っていうのを垣間見れた気がして、とても楽しめました。母親が若いころ見てたファッション雑誌を見て「はへ~。こんなんが流行りだったんか」とワクワクする感覚に似ています。

下の記事にある浜崎駅の駅舎にも似たものを感じました。こっちも色使いやタイル装飾が良い感じなので、見てやってください。

 

改築から年月が経ってるので、地元で頻繁に使う人からすると、「ここを改修して欲しい」といった見方があるかもしれませんが、個人的にはこのまま昭和を伝えて欲しいと思っちゃう佐土原駅でした。

さて、次は佐土原駅から散策に出かけます。最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

鉄道コム
応援クリックしていただけると嬉しいです。