内子

内子駅散策③~内子まちの駅 Nanzeでケーキを食べまくる

前回の記事で、カメラ屋だった建物と内子町ビジターセンターが
道を挟んだお向かいさんにあると書いたのですが、その道を歩くと「内子まちの駅Nanze」があります。

今回はこちらのNanzeを訪問したときのことを紹介します。

内子の駅舎探索はこちら散策①散策②はこちら。

町並み保存地区の新名所!内子まちの駅Nanze

内子

Nanze(ナンゼ)に立ち寄ろうと思った理由はいたって単純。名前に「駅」が入っていたからです。

こんな適当な動機で入ってみたのですが、店内はとっても素敵な雰囲気でした。

内子

Nanzeは、簡単に言うと内子産の良いものを集めたセレクトショップです。

ここに来れば、内子みやげの欲しいものはだいたい手に入ります。いっぱい買い物しちゃいそうだから、散策の終わりに訪ねるのが良いかもしれませんね。

内子

お菓子や調味料といった美味しいもの系のほかにも、伝統工芸である「手漉き和紙」を使った雑貨や小物もたくさんありました。

やさしい色合いが良い感じです。和室にも洋室にも合いそう。
名刺入れちょっと気になってたんだよなあ・・買えばよかった(後悔)

旅先での買い物は、迷ったら積極的に買ったほうが正解なのかもしれないですね。

Nanzeのケーキを食べまくるぞ!

内子

Nanzeにはカフェスペースもあり、グルメも楽しめます。最初はランチを食べようかと思ったのですが、ランチタイム11時よりかなり早く行ってしまったため、ケーキをいただくことに。

ケーキはカウンターのショーケースに並んでました。こちらは「さつまいものプリンケーキ」です。

さつまいものやさしい甘みとカラメルのほろ苦さ、さらにフルーツの甘酸っぱさと色んな味が楽しめて舌がウッキウキします。

内子

・・で、あまりにウッキウキしてしまったのでもう1個注文してしまいました。

今度は「いちごのシフォンケーキ」です。

生地の中でいちごがプチプチいうのがたまらなく美味しかったっす。

2個もいっぺんに注文してしまったので、スタッフさんちょっとびっくりしてました(笑)でも美味しかったんだもん。仕方ない。買い逃しもいやだけど、食べ残しはもっといや。

内子

コーヒーも美味しかったです。カップが可愛いっす。私の日常にはめったに登場しない角砂糖さんがいたので使いたい衝動に駆られましたが、さすがにやめました。ケーキ2個に角砂糖はあかん。

そういえば、調べてみるとNanzeさんは夏のかき氷が有名らしいです。夏も行ってみたいなあ~。でもさすがにかき氷2個は頭がキンキンになるだろうな。あ、誰も2個食えとは言ってませんね。

気分でいろいろ選べるカフェスペースが素敵

食べ物が美味しいのはもちろんのこと、Nanzeさんはいろんなシチュエーションの席があるのがツボでした。

内子

まずは外の空気&景色を楽しめるスペース。

内子

屋内から外の景色を楽しめるカウンタースペース。

ccccccccc

奥でまったりできるカウンタースペース。しかも旅に関する本がいっぱい置いてあります。

一人旅が多い私としては、カウンター席が多いのがうれしかったです。これだけ色んなシチュエーションがあれば、絶対、自分の気分にあった席が見つかると思います。

今回、私はケーキを2皿も並べた都合上、広いテーブル席を使わせてもらいました。

Nanzeのスタッフさんは、親切&ユーモラスでとっても楽しい時間を過ごせました。そして「近所にあったら毎週通うだろうな・・」と思いながら店を出てきたのでした。

内子まちの駅 Nanzeの場所はここ

Nanzeについてもっと知りたいという方は、私がたびねすで書いた、下の記事も読んでいただけると幸いです。最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

たびねす:明治の町並み残る愛媛県内子町!観光拠点「まちの駅 Nanze」に魅力が大集合

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です