「JR東日本」タグアーカイブ

羽後岩谷駅散策②~ぽぽろっこでソフトクリームとうどんを食べる

腰痛い痛いシーズンにとっぷり浸かり中の かのえかなです。私の腰痛は波があります。痛くないときは全く気にも留めない感じなのですが・・。

しかも痛い痛いスイッチが入る基準が分からない。嵐が過ぎ去るのをおとなしく待つしかないようです。

今回は、羽後岩谷駅と直結の道の駅「ぽぽろっこ」で食べまくりの様子をお伝えします。

注)厳密には道の駅ぽぽろっこではなく、「道の駅おおうち」と「は~とぽ~と大内 ぽぽろっこ」が同じ敷地内にある感じになってます。独断で、両方足して道の駅ぽぽろっことしています。

ぽぽろっこの物販コーナー ひまわりでソフトクリームを買う

ぽぽろっこ食べ1

ぽぽろっこは入口の右手に物販コーナーの「ひまわり」があります。ここでは、地元の農産物や加工食品などが売られています。

私が訪問したのは平日の午前中だったのですが、「今日は土日ですか?」ってくらい人が多かったです。土日祝日はもっとすごいにぎわいなのだろうか・・。

ぽぽろっこ食べ2

東北一周中の私が食材系を買って帰るわけにはいかないので、道の駅といえばのソフトクリームを買うことにしました。

こちらは私が訪問したとき(2016年9月)に貼ってあったPOP。販売時間が短めなので(特に平日)、買い逃しがないように注意ですね。

ぽぽろっこ食べ3

私はブルーベリー味を選択。この写真かなり明るく補正したのですが、それでもかなり濃ゆい色ですね。色の感じを裏切ることなく、ブルーベリーの濃ゆい味わいがしましたよ。美味。

ぽぽろっこ食べ4

ソフトクリームを食べた後は、ひたすら雲の流れを見てぽぽろっこの外観写真のベストタイミングを待ちました。

この時点で「たびねすに書きたいな~」と思ったので、青空の下のぽぽろっこを撮影したかったのです。結果は微妙ですか(笑)

ぽぽろっこそばの「ぽぽろ亭」でうどんを食す

ぽぽろっこ食べ5

写真撮影にある程度満足できたので、ご飯系も攻めることにしました。

ぽぽろっこには入口の左手(ひまわりの向かい)に「レストランきぬさや」があるのですが、私が訪問したときは開店前だったので、ぽぽろっこと同じ敷地内にある「ぽぽろ亭」で食べることにしました。

個人的に見た感じでは、きぬさやはリッチ系グルメ、ぽぽろ亭はリーズナブル系グルメって感じです。

開店より少し早く訪問してしまったのですが、快く迎えてくださいました。1番人気はホルモンたっぷりのこちらの定食のようですが、食べきれそうもないので別のものを注文。

ぽぽろっこ食べ6

ホルモンうどんです。

ホルモンを煮込んだときの甘辛いダシが混ざって、めっちゃ美味しいかったです。

私は生まれが関西で、うどんダシは色が薄い関西だしの教育を受けてきたのですが、色濃いめのダシも美味しいですよね。

仕上げに追いソフトクリーム

ぽぽろっこ食べ7

この後ぽぽろっこ周辺を散策して(前回記事参照)、体がポカポカ暑くなってきたので、仕上げに追いソフトクリームを食べることにしました。

店員さんが「あれ?この人さっきも・・?」って顔してたけど、まあいいや。こっちはブルーベリーミックスですね。

そういえば私は旅の記録をノートに書き溜めていて、買った物も記録しているのですが、「買う」というのをドイツ語の「kaufen」と書く癖があります。

大学生のときドイツ語を選択していたのですが、「kaufen」の読み方が「カウフェン」なのがなぜかツボにハマってしまい、友人と「~買おう」という会話をするとき「~カウフェン!」と言うのが流行ったのです。

そのときの名残りで、今でもつい口に出してしまいそうになります。卒業して何年経ってんねん。

このブログでもいつかサラッと「カウフェン!」と言ってるかもしれませんが、気にせずスルーしてください。

よし、雑談で私が大食いなことから話題をそらせたぞ!では、羽後岩谷駅のエピソードはこの辺で終わりにします。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

■真面目な『たびねす』記事はこちら。
鉄道で行ける道の駅!秋田「は~とぽ~と大内」でグルメ&温泉三昧