「佐賀」タグアーカイブ

九州旅行 青春18きっぷ㉑ 八代駅から熊本駅へ!鹿児島本線で移動する(三角線にも寄り道)

気付けば3週目を迎えている九州旅行。体調がだいぶ戻ったので、今回は電車で移動します。

21日目の旅程

元々の旅程はこんな感じでした。

11:09八代(鹿児島本線 熊本行)-11:13 新八代
12:14 新八代-12:41 川尻
13:41 川尻-13:48熊本
14:01 熊本駅前(熊本市電A系統 健軍町行/170円)- 14:19 通町筋

しかし、宮崎駅~新八代駅間の高速バスに昨日乗ったため、すでに新八代駅は訪問済み。再訪はいいかな・・ということに。

だったら八代発の電車を遅らせようということにしました。なぜなら・・

ホテルの窓から見える位置に八代城跡公園があるからです。こんな素敵な雰囲気見せられたら、立ち寄らずにはいられませんよね。

八代城跡公園を歩き、八代宮を参拝する

ということでやって来ました。八代城跡公園。規模が大きいかといえば「う~ん?」という感じですが、石垣は十分見ごたえがあります。

お城の知識はそれほどなくても、この入口は迷路みたいでワクワクする。ちなみにここは、高麗門跡・欄干橋跡あたりの写真です。

公園内には神社があります。八代宮って言うらしい。

落ち着きがあってきれいですね。大きすぎず小さすぎず、人が多すぎず、少なすぎず、散策にはもってこいの雰囲気です。

参拝後はお堀の周りをぐるっと歩くことに。ちなみに舟で周れる「お堀舟めぐり」っていうのもあるらしく、船乗り場がありました。写真右端の柵っぽいやつです。

舟めぐりは所要時間が約30分らしい。でも歩いてみてもそれほど時間はかからず、20分ほどで一周してしまいました。

舟めぐりだったら、時間をかけて周る分、細かな見どころを教えてもらえるのかもしれませんね。

そんな感じで八代城跡公園を見た後は市内循環バスで八代駅まで移動し、鹿児島本線に乗りました。

レトロ駅舎・川尻駅に降りたつ

続いて訪ねたのは川尻駅。「かわじり」じゃなくて「かわしり」って読むんですね。

駅ホームの椅子が色とりどりで気に入りました。

なんで川尻駅に降り立ったのかというと、大正6年に改築されたというレトロ駅舎を見たかったから。さらに、良い出会いもありました。

私が写真を撮りつつ少しずつ改札に向かっていると、駅長さんがニコニコと出迎えてくださり

「いい駅でしょ?」

と、見どころを細かく教えてくださいました。太陽のように明るく親切な駅長さんで、駅に対する愛情もたっぷり。こうした方との触れ合いは、鉄道旅の醍醐味ですね。

窓口には「明るい笑顔を心がけています」という手書きの決意表明(?)も貼られており、すんごく納得。

駅長さんに駅舎を見るのが好きと伝えたところ、「三角線の網田駅も良いよ」と教えていただきました。

網田駅、実は私も気になってたんですよね。もうこれは行くっきゃないっしょ!

そこで川尻駅では駅舎探索のみにして、三角線の電車に乗り換えることに。

駅長さんに別れを告げ、跨線橋の階段を上り始めたところ、後ろから足音が。

振り返ると駅長さんが追いかけてきてくださっており、こちらのお菓子をいただいてしまいました。

川尻はお菓子の町ということで、美味しいお菓子がたくさんあるんだそうです。嬉しいなあ~。ありがとうございます!今度こちらに来た時にはじっくりお菓子めぐりさせてもらいますね!

ちなみに写真の「川尻 お蔵」というお菓子もすごく美味しかったです。モチモチ食感のカステラで羊羹みたいなものをサンドしていました。

口に入れるとゆずの香りが鼻の奥から広がって幸せな気持ちに。ぜひ、熊本の川尻に行ったら買ってみてくださいね。

駅長もおすすめの網田駅へ

川尻駅から宇土駅までは鹿児島本線、そこから直通で三角線に乗ると約30分で網田駅につきます。

駅名看板は色あせており、中央の四角い枠に描かれるはずの名物が消えてしまっています。でも、年季が入っててこれがいい。

赤い瓦屋根が可愛らしい網田駅の駅舎。土日祝は駅舎の中でカフェも営まれています。

改札を出たら横に昔の公衆電話が立っていました。

川尻駅や網田駅での詳しいエピソードはトラベルジェイピーで書こうと思っているので、今回はこの辺で。トラベルジェイピーで書いたらこちらでも案内させていただきますね。

しかし駅長さんに自分の駅舎の見どころを教えてもらったり、ほかのオススメ駅舎を紹介してもらったりと、とっても贅沢な1日でした。幸せな旅してるな~って感じですね。

ではまた次回まで。最後まで読んでいただきありがとうございました。

ブログランキング・にほんブログ村へ鉄道コム

お好きなバナーからランキングに投票していただけると嬉しいです。全部のランキングで応援してくれるともっと嬉しいです。