神聖な空気に引き込まれる 宮崎神宮を参拝!画像大量&猫もいるよ

前回のあらすじ※
プロ野球界の正月に当たる2/1・球春。ニュース番組では読売ジャイアンツが宮崎神宮を参拝したと報道されていた。その光景を見た私は、かつて自分も宮崎神宮を参拝したことを思い出す。そして、駅トホで当時を思い出しながら宮崎神宮駅&宮崎神宮について書こうと思い立つのだが‥?

宮崎神宮の最寄り駅・宮崎神宮駅の基本情報おさらい

所在地:宮崎県宮崎市花ケ島町
路線:日豊本線(にっぽうほんせん)
撮影日:2018年4月中旬

宮崎神宮駅は宮崎駅の隣にあり、3~4分ほどでアクセスできる駅です。宮崎神宮駅から宮崎神宮までは徒歩5分ほどでアクセスできます。

2/1に宮崎神宮について書こうと思いつつ更新が止まってしまい、2月下旬に続きを書いております。プロ野球のキャンプ終わってまうやないかい!

神宮東参道を歩き、宮崎神宮の境内へ

駅前には大きな鳥居があり、ここが神宮東参道の入口となっています。参道といっても普通の住宅街で、数分歩くと宮崎神宮の境内に入ります。

こちらが境内入口です。右の石柱を見ると「官幣大社」と書いてあります。意味が分からず調べてみたら、官とは国や朝廷を指すのだそう。

官幣大社は、国や朝廷からから神に供えるもの(あるいは供物にかかるお金)を支払ってもらえる神社を指すのだそうです。

でもこれは明治維新後に神社を等級化した際に用いられた各(旧社格)のようで、今は違うのだそう。でも、それだけ歴史と格がある神社だと伝わる一幕ですね。

緑豊かな一本道を歩いていたら

二股に分かれた道に差し掛かりました。

どっちが宮崎神宮につながるんや?と迷いましたが、神社という共通点から左側の道を選びました。

どんどん緑が深くなる。

よく分からない石碑が建ってます。

どんどん緑が深くなる。正直、少しずつ怖くなってきました。

ジャイアンツの選手もここを歩いたんだろうか?まさかな‥。東参道があるくらいだから、別の参道もあるのでしょうね。そして多分そっちの方がメジャーなのでしょうね。

見慣れてくると神秘的で素敵な場所に思える。4月なのに秋みたいに枯葉がいっぱいで、足元でクシャクシャ音がするのが面白い。

木々のすきまから唐突に謎の建物が見える。

さらにその手前には、もっと謎めいた石像が建っていました。

筋肉ムキムキっぽいこちらの石像の正体は分からず。スルーして宮崎神宮の拝殿を目指します。

宮崎神宮の拝殿に到着!

「道を間違えてたらどうしよう」と、ビクビクしながら緑の中を歩くこと約15分。急に道が開けて大きな鳥居が見えました!

あ~良かった。無事着いたよ~と一安心。ジャイアンツの選手らが参拝したときも、この辺りの景色がよく映ってましたね。

すっごい立派な門!自然豊かなこともあってか、すっごい神聖な空気が漂います。文章は軽いけど。地元(埼玉)や都内でも、これだけ厳かな雰囲気の神社ってそうそうない気がする。

そして参拝。

宮崎神宮の歴史をさらっと

宮崎神宮は初代天皇・神武天皇を主祭神(神日本磐余彦天皇:かむやまといわれひこのすめらみこと)を祀る神社です。

天皇は45歳のときに天下を統治すべく、日向国(今の宮崎県~鹿児島県あたり)を旅立ち、大和地方で初代天皇として即位したのだそう。そうか、宮崎県は神武天皇ゆかりの地なのですね。

拝殿の奥の方に鏡がありましてね、それが遠くから見ても分かるくらいキラッキラに光っているのが印象的でした。こんなに光り輝く鏡を見たことないってくらいです。写真じゃ伝わらないのが残念です。

この独特の空気、神社好きの人はもちろん、そうではない人もぜひぜひ味わってもらいたいものです。

宮崎神宮の境内をうろうろ歩く

無事参拝できたことで心の余裕ができ、周囲の様子もよく見えるようになってきました。そこで最初に目に飛び込んできたのが、木々のすきまから見えた謎の家。

近づいて見て分かったのですが、ここは宮崎神宮の宝物や書籍などを保管するために作られた建物なのだそうです。

宮崎神宮微古館といい、登録有形文化財に登録されています。独特の壁は「なまこ壁」というそうです。なまこ‥に見えるのだろうか?なまこをあまり見ないから分からん。

ちなみに明治42年築。近くにある石像の正体はやっぱり分かりませんでした。

帰りも同じ道を歩いたのですが、よ~く見渡すと、途中に寄り道できるスポットがあることに気づく。そこは原っぱのように開けた土地になっていて、奥に藤棚がありました。

こちら、国指定天然記念物の「宮崎神宮のオオシラフジ」と言うそうです。私が訪ねたときは、ちょっと見ごろのピークを過ぎてました。

宮崎神宮でたくさんの猫に出会う

そして帰り道はなぜか、たくさんの猫に出会いました。すんごい厳しい目つきで私を見てくるタヌキ系猫さん。

さらに奥の方には真っ黒な猫さんも。みんな堂々としてます。

そして出入口にはさび猫さんがいました。宮崎神宮に限らず、神社って猫が多いですね。たまらんです。

宮崎神宮の動画をすこし

宮崎神宮の雰囲気をより伝えられるように、ムービーを載せてみました。驚くほど画質がいまいちですが、よかったら再生してみてください(音にご注意!)。

参道の深い緑の道。

鳥居から拝殿までの道。

拝殿周辺の様子。

さび猫さん。

今までgifを載せてたけど、数秒くらいの動きしか伝えられなかったので動画に挑戦してみました~。では、最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

鉄道コム
応援クリックいただけると嬉しいです!