北野白梅町駅から妖怪ストリート&大将軍八神社を訪ねる!

今回は、京都の北野白梅町駅から歩いた様子をお伝えします。定番観光すっ飛ばして、個人的に気になる場所を訪ねてみました。

北野白梅町駅の基本情報おさらい

所在地:京都市北区北野下白梅町
路線:京福電気鉄道北野線
撮影日:2014年6月下旬

前回の記事に書いた通り、北野白梅町駅は2020年3月にリニューアルを迎えるとのことで、写真の駅舎は解体されております。歴史ある駅舎との別れは寂しいですが、新しい姿を見るのも楽しみですね。

北野天満宮をスルーして、粟餅を食べに行く

「北野白梅町駅といえば北野天満宮」という方は多いことでしょう。ふっふっふ。見事にスルーしちゃいましたぜ。

というのも、入ろうかと思ったら目の前を学生の団体さんが入っていったのですよ。修学旅行かな?・・で、これはゆっくり参拝できないと思い、今回は見送りました。

で、代わりに立ち寄ったのが、「粟餅所・澤屋」さんです。北野白梅町駅に行くって話したら、知人にこちらの店を勧められたので行ってみました。

そして北野名物のあわ餅をいただくことに。

ところが、見事に写真を撮り忘れました。ごめんなさい。

「うめぇ!」って必死に食べてたらカメラの存在を忘れてました。量が多すぎず少なすぎずで、散策の疲れを癒しにふらっと立ち寄るのにピッタリのお店でした。

ぜひ、立ち寄って確かめてみてください。

その後は、店番をしている犬さんを見ながら適当に歩き

そして、気になる置き物(?)がある方へと歩いていきました。

その先にあるのは、こぢんまりとした商店街です。

大将軍商店街 一条妖怪ストリートを探索する

こちらのお嬢さんの頭に書かれている通り、ここは「妖怪ストリート」といいます。正式名は、大将軍商店街 一条妖怪ストリートです。

なんで妖怪かというと、この通り(一条通)には妖怪が更新したという伝説が残されているからです。



前回書いた通り、当時の私は墓参りで京都を訪ねていたのですが、墓地へ向かう途中、タクシーからこの妖怪さんたちが見えまして…。すごく気になっていたのですよ。

なので、真っ先にここへ来たという訳です(先に粟餅食べてたじゃんというツッコミはなしで)。

妖怪さんはお店の看板妖怪として頑張っておりました。

時にはハンガーを無料で配っていることも。

リポD持ってる。妖怪さんもいろいろ疲れることが多いんですかね。

こちらの妖怪・食パンじじいさんは美容サロンに行ったばかりなのだそう。美意識高いな。

個人的には、こちらの布団みたいな妖怪さんがお気に入り。子ども妖怪を抱っこしてるの可愛い。

自販機の横の謎めいたものも妖怪でしょうか・・・?

時には、建物の中から顔を出す妖怪さんも。

こんだけ見て回っておきながら何も買って帰らなかったのが、今となっては申し訳ないです。

ところで、現在の妖怪ストリートの口コミを見ると、シャッターで閉じられた店が目立ち、妖怪さんたちもくたびれ気味になっているのだそう…。ちょっと心配です。

当時ワクワクしながら歩かせてもらったから、元気を取り戻してもらいたいものですね。私もまた遊びに行きます!

さて、こんな感じで妖怪ストリートを歩いた後、いい感じの雰囲気の神社を見つけたので参拝することにしました。その名も、大将軍八神社です。

京都のパワースポット・大将軍八神社を参拝する

大将軍八神社は、平安京造営の際に方位の厄災を解除する社として創建された神社です。

“大将軍”というから暴れん坊将軍的なものをイメージしてましたが、実際は方忌に関与する大将軍神という神様とのこと。

大内裏の北西角の天門に星神を祀るのですが、そこを大将軍堂と呼ぶ(呼んでた?)そうです。

当時は町中にある小さな神社…くらいの気持ちで参拝したのですが、後に「大将軍八神社を参拝した」と話すと、「そこ、有名なパワースポットじゃん!」と何人かに言われました。

その中には、大将軍八神社が大好きで毎年参拝に訪れるという方もいまして、後日「北斗七星12支御守」というお守りをいただいちゃいました。人気らしいです。

大昔のことですでに返納してしまったのですが、素敵な袋に入っていました。ぜひ、現地で見てみてください。




こんだけあれこれ語っておきながら、本殿の写真がこれだけ。全体像がさっぱり分からん。何を考えていたんだ当時の私。粟餅も撮り忘れるし、めちゃめちゃですぞ。

仕方ないので、ほかの境内の様子をお伝えします。

個人的にお気に入りなのが、こちらの豆吉神社。大杉神社と書かれた鳥居をくぐると・・・

小さな小さな、それはもう可愛らしい神社があるのですよ。豆吉神社(明神?)は、ひとつのお願いを叶えてくれるとされています。

一願成就のパワースポット!一途な想いを叶えてくれそうで、それもまた良いです。

そしてこちら、五社と三社も印象的でした。

それぞれ、いろんな守護神が祀られています。婦人の守護神・命婦神社、開運の稲荷神社などなど。導きの守護神は、猿田彦神社です。

具体的な願いを頭に浮かべながら、ひとつひとつ丁寧に参拝しら、気持ちの整理ができた気がしました。

こんな感じで、北野白梅町駅からの駅トホを終えました。北野天満宮や金閣寺に行くのも良いですが、ぜひ妖怪ストリートや大将軍八神社にも行ってみてくださいね。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

鉄道コム
応援クリックしていただけると嬉しいです!