「駅舎探索」カテゴリーアーカイブ

【駅舎探索】憧れの飯田線!木ノ下駅に降り立つ

こんにちは!かのえかなです。

ひっさびさに駅舎探索シリーズを書くので、ブログのルールを忘れててんやわんやしちゃってる今日この頃です。こんなブログでも一応ルールがあるんですよ。タグのつけ方とか。

ということで、探り探りですが書いていきます。最後までお付き合いくださいね。

木ノ下駅の基本情報

所在地:長野県上伊那郡
路線:飯田線(JR東海)
撮影日:2013年3月上旬

春の青春18きっぷで20日間かけて埼玉~広島~徳島と西日本を中心に回ったときに立ち寄った駅です。私が初めて長期的な鉄道旅をしたときでした。

路線図を見て憧れ抱いた飯田線

初めて長期的な鉄道するにあたり、時刻表を買って、路線図を見て・・と、鉄分を吸収していたとき、特に気になった路線が「飯田線」でした。

理由は「すっげ~ウネウネしてて、しかも駅がめっちゃある」から。

飯田駅にホテルを取って、そこを境目に辰野駅~飯田駅の区間は1日目、飯田駅~豊橋駅は2日目に周る・・という風に旅程を立てました。

今回紹介する木ノ下駅は、1日目に降りた駅というわけです。

木ノ下駅の駅舎をめぐる

訪問したころには、まだまだ雪が残っていました。埼玉には雪がなかったから「やっぱ寒い地方は違うな~」なんて感心した記憶が。

木ノ下駅は無人駅。1面1線で、ホームの真ん中あたりには小さな駅舎があります。駅舎っていうか、待合室ですね。

時刻表やら料金表が壁に貼られています。そして床は雪どけ水でびちゃびちゃです。

そして駅舎の外観。なんか四角い積み木に三角の積み木を積み上げたかのようなシンプルな形状です。

壁には上伊那郡箕輪町の花があしらわれています。

木ノ下駅前の様子

駅前はタクシー乗り場がある以外はとても静かでした。そして、こんな大きな看板(?)が立っていました。

禁煙は明るい未来のパスポートなんだそうです。私は生まれてこと方タバコを吸ったことがないのですが、明るい未来は来るのでしょうか?

駅舎の横にはバス停がありました。

うぅ~ん。紙が傷んでしまってますね。そして本数が少ない。さすがローカル線の無人駅にあるバス停です。っていうか、バス停があるだけでもすごいよな。

そして駅前には細い道が通っていました。散策はこの道を歩いていこうと思います。つづきは次回で。最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

ブログランキング・にほんブログ村へ鉄道コム

お好きなバナーからランキングに投票していただけると嬉しいです。全部のランキングで応援してくれるともっと嬉しいです。