「旅行記」カテゴリーアーカイブ

県庁前散策①~恋人の聖地・二之丸史跡庭園へ乗り込む

こんにちは。かのえかなです。今回は独りで恋人の聖地に乗り込んだ話ですよ。

県庁前停留所の駅舎探索はこちら

なんでそんな場所にぼっちで行ったん?と思われるかもしれませんが、私は旅先で「庭園」と名のつくものを発見したらどうにも立ち寄りたくなってしまうんです。

日常生活の中で日本庭園をじっくりと見る機会がないし、なにより庭園は100%景観が美しい!どんな季節でも、どんな天気の日でも。

そんなわけで、足を運ぶしかなかったんです(使命感)

県庁前停留所から二之丸史跡庭園までの道のり

 

二之丸史跡庭園

今回立ち寄る庭園は、いよてつ市内電車・県庁前停留所から歩いて5分ほどの場所にある「二之丸史跡庭園」です。

松山城の敷地内にあり、表御殿跡と奥御殿跡にあたります。

ということで、お城へ行くときの行くときの恒例行事である「坂登り」がもれなくついてきます。遠くから見るだけで腰痛がうずくぜ。

松山

坂道はつらいけど、きれいな石垣が見られて嬉しいです。どの城行っても、ついつい石垣のドアップを撮影してしまいます。これだけ見たら分けわからないですよね(^^;

石垣って非日常的だから、ついつい見てるとテンション上がっちゃうんです。

ちなみに、松山城の石垣は全国でも珍しい「登り石垣」というそうですが、二之丸史跡庭園への入口に続くこの石垣は該当しないようです。

ちかくに登り石垣はあるものの、「登れません」との記載がありました。
石垣

でも、そんなこと関係なく石垣見るの楽しい~。とくに苔が生えているところサイコー。

意味もなくパシャパシャ撮ってしまいます。(こうして腰痛をごまかしてる疑惑も・・・)

二之丸史跡庭園

そして登りきった先には、満開の桜と新緑の緑が。そうです、今更ですが、訪問したのは4月なんです。

写真の隅にうっすら映ってますが、スタッフさんが手入れしてました。

二之丸史跡庭園に突入

二之丸史跡庭園

さて、いよいよ恋人の聖地・二之丸史跡庭園に単身突入です。

ここに来る前は「どってことない」という気持ち100%だったのですが、実は、ここに辿り着くまでにも数組のカップルが花見している姿を目撃したため少々ビビっています。

どってことない度・60%といったところでしょうか。

二之丸史跡庭園

木造の重厚な門をくぐり、無事、入場券を購入。これで私にも恋人の聖地を楽しむ権利が手に入りました(笑)

ちなみにチケットには大人100円と書かれていますが、公式サイトを見たら大人200円となっています。

あれ、私どっち払ったけ?もう半年以上たってるから忘れてしまった。チケットが古いものなのか、ここに書く間に値上がりしたのかは謎です。

料金が気になる方は、事前に公式サイトをアクセスすることをおすすめします。
二之丸史跡

入口を通過したら、すぐに休憩所つきの展示室があります。昔の城の造りがそのまま残されているので狭間(さま)があります。

ここからのぞけば、頑張って登ってきた坂道を見下ろすことができます。

二之丸史跡

二之丸史跡庭園の全体が分かる模型なんかもあります。散策を始める前に全体像が分かるのは親切ですね。

二之丸史跡庭園

そして、恋人の聖地のシンボルである石碑が。

二之丸史跡庭園が恋人の聖地と呼ばれるようになったのは、日露戦争のころ、ここでロシア人捕虜男性と日本人女性の看護師がひそかに愛を育んでいたことを証明する金貨が証明されたためだそうです。

お互いの名前を刻んだ金貨が出土されたのだとか。しかも、その形跡からペンダントに使っていたのでは?という説もあるそうです。ロマンチックですね。

恋人の聖地

恋人の聖地でよく見るハート形の鍵の錠もありました。これ可愛いですよね。ふつうに欲しい。

二之丸史跡

なんてことを考えながらいよいよ本格的に庭園に入っていきます。今回はこの辺で・・。

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

県庁前から二之丸史跡までのアクセス

県庁前停留所から二の丸史跡庭園までのアクセスは、ご覧の通りです。距離だけ見たら、あっという間です。つらいのは坂道だけです(笑)