「山口県の駅前の様子だけ」カテゴリーアーカイブ

埴生駅散策~埴生でハブ・ア・ナイスデー

こんにちは。仕事の後輩に「なんか今日、可愛いですね・・化粧をちゃんとしてるって感じです」と言われ、ちょっとショックを受けてる かのえかなです。

別にメイクを変えたとかではないんですけどね。多分、たまたま汗でメイクが崩れてなかったんだと思います。普段どんだけきったない肌をさらしてたんだ私はぁぁぁ!と反省しました。

今回は予想外の展開で途中下車することになった埴生駅(山口県・山陽本線)の散策エピソードを紹介します。滞在時間が短かったので駅前の様子のみです。

埴生駅でHave(はぶ)a nice day.

埴生駅21

前回記事では駅舎の一部分しか映ってなかったので、今回は全体像を。空も屋根も青くって、やっぱり全体的に青いっす。

「造形に特別な趣向を凝らしたわけではない」という無機質な感じが一周まわって好きです。これぞマニアックな駅に来たぞって感じ。

埴生駅22

駅舎の中には広々とした待合所。電車が来ない時間帯は誰もいなくて静かです。

埴生駅24

駅舎内の壁を見たら、こんな貼り紙が。埴生港で潮干狩り大会が開催されるようです。なんと、生きたカブトガニの展示も行ってるのだとか。これは結構珍しいですね。

よ~く見たら「埴生の海でHave(はぶ)a nice day.」って書いてあります。クスッとなった後、埴生駅の名前をしっかり覚えることができました。

埴生駅前を歩く

駅を出たら二股に分かれた道があったので、左手(地図なら右ですね)をひとまず歩いてみました。地図で見ると110メートル。ホントわずかな距離ですね。

ご覧の通り歩いた道の横には三角形のエリアがあるので、これを囲むようにしてぐるりと一周することにしました。

埴生駅23

駅前にはトイレとタクシー。恒例のポストはレトロな丸形じゃなくてちょっと残念。

埴生駅25

道路は細く、自然に囲まれています。実は海の近くの駅なのですが、全くそんな感じがしない。むしろ山地みたいで、太陽がまぶしいです。

埴生駅29

平凡な道なので(失礼)、カメラのモードを変えて撮影してみる。

埴生駅210

静かな町に突然ファンファーレのような派手な音楽が流れだし、「何事?」と思ったら山陽オートでレースをしているようでした。

埴生駅211

三角のエリアを一周して駅前に戻ると、駐輪場があるのを発見。ポツリポツリと自転車やバイク、そしてシルバーカーが停まっています。

その奥にある石碑には、「埴生駅舎改築記念」と書かれていました。駅舎が改築された1982年に設置されたのでしょうか。

埴生駅212

観光案内の看板もありました。正直、駅前だけなら観光地という感じがしないのですが、もう少し行動範囲を広げたら色々見どころがあるみたいです。こんな形で訪ねてなければ、どっか1か所ぐらい見に行けたのにな~。

埴生駅215

もう電車が来る時間なので、散策終了です。改札にある看板が、電車が来ると黄色に光ります。そして、上をよ~く見ると・・?

埴生駅214

ツバメの巣を発見!改札というにぎやかな場所に巣をつくるとは、なかなか肝が座ったツバメさんですね。ヒナがいる時期を見てみたかったな~。でもフンの始末が大変そうだ(^^;)

埴生駅前で見つけたマンホール

埴生駅27

埴生駅前ではデザインマンホールは見つけられませんでした。とはいえ、何のマンホールも収穫しないのも寂しいので一応撮影。

埴生駅があるのは山陽小野田市なのにマンホールには山陽町と書かれているので「あれ?」と思ったら、2005年に山陽町と小野田市が合併して山陽小野田市になったんですね。

「駐車禁止」って書かれてるマンホールというのも珍しい気がします。こういう小さな発見がマンホール好きとしては嬉しいものです。

埴生駅28

もうひとつ発見したマンホール。こちらも山陽町と書かれています。

埴生駅216

マンホール関係ないけど、埴生駅らしいので記念撮影。今回はこの辺で。最後まで読んでいただき、ありがとうございました。