土讃線の徳島の駅 阿波池田駅を駅舎探索

今回は四国の駅をピックアップすることにしました。土讃線の駅のひとつ、阿波池田駅です。最後には短めの動画もちょこちょこ載せています。

阿波池田駅の基本情報

所在地:徳島県三好市池田町字サラダ1840番地5
路線:土讃線
撮影日:2014年4月上旬

地図の通り、私は徳島駅から訪問しました。こうしてみると、結構長い時間電車に揺られてたんだな~。そんなイメージないけれど。

ちょっと古い写真なので、いろいろと懐かしい感じになるかもしれません。

地名のサラダの由来を調べてみた

阿波池田駅について調べてみたとき、最初に目に飛び込んでくるのが謎の地名「サラダ」の存在。

野菜シャキシャキなのか!?と不思議に思って調べてみたのですが、もともとは漢字で「皿田」と書くそうで、それをカタカナにしたのだそう。

地元グルメでサラダを推してみるべきではないかと思ったのでした。では、駅舎探索いきますね。

阿波池田駅のホーム

到着しました阿波池田駅。駅番号は土讃線のD22と徳島線のB25が書かれています。徳島線の起点は隣の佃駅なんですが、列車運転の系統上の起点は阿波池田駅なんだそう。う~ん、よくわからん。

反対ホームに停まる電車。車両が1つしかないのがローカル線らしい。

しばらくすると、手前のホームにアンパンマンの列車が来ました。普通列車にもアンパンマンがいるんですね、可愛い。アンパンマン列車とは別物なので、あしからず。

車内には音楽愛を語る落書きがありました。洋楽が好きって、ざっくりしすぎじゃないですかね‥?

ホームの待合室。ザ・木造って感じ。ログハウスみたいですね。

時計がレトロで良い感じ。

阿波池田駅と同じ三好市にある、祖谷のかずら橋のミニチュア版もありました。こうして見ると、本当に野性的なつり橋で改めて渡るのが怖そうです。

阿波池田駅の改札口と待合所へ

跨線橋を渡り、改札口があるホームへ。

私が訪問した当時は、JR四国の予讃線・徳島線・予土線の一部区間が開通100周年を迎えていたようで、記念ののぼりが飾られていました。

駅舎をそのままキャラクター化して、名前もそのまま「あわいけだ えきちゃん」にするというド直球感が気に入ってます。

おぉ~貸し出し用の傘がある!ローカル感あって良いですね。

そして改札。ホームから階段を少し降りたところにあります。訪問時は自動改札機がなかったけど、今はどうなってるのかな?

改札そばにはベンチが並んでて、待合所みたいになっています。

そしてキオスクも。“Big” Kiosk なんですね。うん、確かにキオスクとしてはデカいかも。アイスに地酒にガチャガチャまであって、品揃えが良いですね。

阿波池田駅の駅舎外観

そしていよいよ駅舎撮影。駅前はタクシー乗り場やバスターミナルになってるので、少し離れたところからじゃないと駅舎が撮れない‥。

その結果、逆光のサポート(?)もあって残念な写真の仕上がりに。一番の原因は未熟な私の撮影技術なんですけどね。

どうにかそばで撮ろうとした結果、屋根しか映らなかったでござる。過去の写真には、どうやってもフォローしきれないクオリティのものがあります。でも、それはそれで良しとして載せちゃうのが駅トホです。

阿波池田駅、思い出の動画

今回も動画を作ってみました。

1つめは、徳島駅から阿波池田駅へ向かったときの車窓の様子。一瞬で終わるのであまり伝わらないかもしれませんが、土讃線に乗る旅は、吉野川を見るのが楽しいです。※音出るので注意です※

つづいて、阿波池田駅で撮影したムービーをまとめた動画です。こちらも一瞬で終わります。※音出るので注意です※

次回は、阿波池田駅周辺を散策した様子をお伝えします。最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

鉄道コム
応援クリックしていただけると嬉しいです!(前回応援クリニックと書き間違えてました。すみませんでした。)